神戸市東灘区岡本1丁目6-12有本ビル2F 電話078-414-3387

順番受付のご利用

診療案内

  1. ホーム>
  2. 診療案内>
  3. 補聴器外来

補聴器外来のご案内

補聴器外来のご案内

耳が聞こえにくいのは、大変つらいことです。自動車の音が聞こえないと思わぬ事故にあう危険性もあります。仕事や日常の会話でも大変困ります。また、当の御本人よりもお世話をされている周りの方が大きな声を常時出さないといけないので疲れて大変なことがよくあります。

いわゆる難聴というものの中には、加齢による聴力低下以外に、慢性中耳炎が原因で、補聴器より手術が必要な場合もあります。中耳炎の後遺症で、鼓膜形成術などの手術でよくなるものもあります。また、脳腫瘍が原因となっていて、手術が必要な場合もあります。 まず、聞こえが悪い原因を突き止めて、補聴器が正しい対処法であると確認してから、補聴器を考えられるのがよいと思います。

また補聴器といえば、かなり高額なものと思われる方が多いようです。
そんな高価なものなのに、耳鼻咽喉科の補聴器の講習を受けた認定技能士のいない店などで簡単な検査だけを受けて、現在の聞こえの状態の説明や補聴器独特のキンキンした音になれるまで時間がかかるというような説明もなく購入され、高いお金を出したのに使いにくいから補聴器は仕舞ってあるといわれる方にお目にかかります。メガネと違って、補聴器は慣れるまで時間がかかります。耳栓が気になったり、今まで聞こえてこなかった雑音が補聴器をかけて初めて聞こえて、世の中はなんてやかましいと感じたり、話し声より雑音がよく聞こえて、話が聞きにくい。使っているうちに補聴器のスピーカーの部分に耳垢が詰まって聞こえにくくなったり、電池の交換がしにくかったりなどの思わぬ障害が現れることがあります。

こういうお金と時間の無駄は、そろそろやめて、ちゃんとした説明をうけて補聴器のことを理解して補聴器を選ばれたらどうでしょうか。

最新のいろいろ便利な機能の付いた高価な補聴器が本当に必要なのか、使いこなせるのか。耳かけ式がいいのか、耳の中に(外耳道に)すっぽり収まるものがいいのか…等々いろんな疑問が出てきます。患者さん一人ひとりの聞こえの状態によって相談して決めていくしかありません。

当院院長は、補聴器適合検査医師の資格を持っています。聞こえでお困りの方は、一度ご相談ください。

ページトップに戻る